FC2ブログ

FISUワールドユニバーシティゲームズ最終選考会中止のお知らせ

4月12日から14日に予定されていた、FISUワールドユニバーシティゲームズ最終選考会ですが、全日本アーチェリー連盟より正式に中止となることが発表されました。



何卒ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。

粟田夏生

第51回世界選手権最終選考会、第17回世界ユース選手権最終選考会

4月2日から4日にかけて、静岡県のつま恋にて第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会兼第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会が行われましたので、結果をご報告させていただきます。

4/3
(第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会 第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会)
於: つま恋リゾート彩の郷
天候:晴
出場者数:1名

園田(1)
70m①:309
70m②:320
【Total:629】

70m③:319
70m④:323
【Total:642】
144射計:1271

(世界選手権選考会 3位)
(世界ユース選考会 1位)

4/4
(第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会 第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会)
於: つま恋リゾート彩の郷
天候:雨
出場者数:1名

園田(1)
70m①:326
70m②:331
【Total:657】

70m③:314
70m④:318
【Total:632】
144射計:1289

(世界選手権選考会 6位)
(世界ユース選考会 2位)



世界選手権大会最終選考会、世界ユース選手権大会最終選考会に新入部員の園田が出場しました。園田は現在ナショナルチームに所属し、日本代表として活躍しています。
東京オリンピック代表などが揃うハイレベルな試合で、大学1年生ながら拮抗した展開を見せますが惜しくもメンバー入りをすることはできませんでした。

しかし、園田は世界選手権大会と同時開催された世界ユース選手権大会の出場資格があります。そこには見事2位でメンバー入りを果たしたため、8月にポーランドで行われる大会に日本代表として出場することが決定いたしました。



ここで選手からコメントを頂いたので掲載させていただきます。

《選手コメント》
園田(1)
私は今回、第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会兼第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会に出場しました。トップ選手が集まる試合ということもありとても緊張しました。思ったように体が動かず世界選手権の選考会は通りませんでした。しかし世界ユース選手権は2位で通過することができました。この試合の課題を克服し、世界ユース選手権で金メダルをとることを目標に日々精進します。



このようなルーキーの凄まじい活躍は、部全体に非常に良い刺激をもたらします。新入部員から新たに多くのことを学び、部員全員が競技力向上に繋げていきたいと思います。これからリーグ戦や王座に向け、部全体がより一層一丸となり精進して参りますので、引き続きご声援の程よろしくお願い致します。

矢原七海

【OB・OGの皆様】リーグ戦のお知らせ

リーグ戦の詳細が発表されましたのでお知らせいたします。






今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、5月8日~9日、5月15日~16日にリーグ戦形式のSH記録会として行われます。

早稲田大学は男子が5月15日、女子が5月16日にはらっパーク宮代で行われる第二試合に出場いたします。

順位は、それぞれ男子6名、女子4名の合計点数で決まります。
王座選考につきましては、現在調整中ということで、追って詳細をお伝えします。

今回は、この一回のみの点数で順位が決まりますので、より一層気を引き締め一致団結して挑みたいと思います。リーグ戦とその先の王座も見据え、更に力を付けられるよう4月からの練習試合に取り組んで参ります。

引き続きご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

粟田夏生

歓送会

昨日行われました歓送会の様子をお伝えいたします。



歓送会には59代の先輩方にお越しいただき、現役部員からご卒業をお祝いしました。

まず始めに、代読とはなりましたが、松原会長、部長の早田先生、遠藤監督よりお祝いのお言葉を頂きました。
その後、現役部員から卒業生の方々に向けて花束と色紙が送られ、最後に卒業生一人一人よりお言葉を頂きました。



59代の先輩方は、コロナ禍で練習が例年通り行えない中、王座制覇を目指して運営面や技術向上のためご尽力くださいました。先輩方のおかげで、女子の王座準優勝や男子の王座4位など素晴らしい成績を残すことができました。

私たち現役部員も先輩方への感謝を忘れず、また先輩方に負けないよう、更なる高みを目指しチーム一丸となって励んで参ります。

最後になりますが、59代の皆様、ご卒業おめでとうございます。新しい環境でも、更なるご活躍をお祈りしています。ありがとうございました。



廣木円華

春季所沢集中練習 納射会 男女紅白戦

昨日行われました春季所沢集中練習の納射会及び男女紅白戦の結果をご報告いたします。



2/28
(2020年度春季集中練習納射会)
於:早稲田大レンジ
天候:晴
出場者数:15名

澤枝(3)
70m①:266
70m②:224
【Total:490】(12位)

高木(3)
70m①:284
70m②:307
【Total:591】(3位)

田辺(3)
70m①:285
70m②:282
【Total:567】(7位)

中村(3)
70m①:321
70m②:329
【Total:650】(1位)

横塚(3)
70m①:255
70m②:281
【Total:536】(9位)

浦田(2)
70m①:307
70m②:315
【Total:622】(2位)

杉田(2)
70m①:283
70m②:283
【Total:566】(8位)

中野(2)
70m①:281
70m②:288
【Total:569】(6位)

服部(2)
50m:189
30m:277
【Total:466】(14位)

井上(1)
70m①:223
70m②:265
【Total:488】(13位)

柿沼(1)
70m①:225
70m②:219
【Total:444】(15位)

高見(1)
70m①:256
70m②:278
【Total:534】(10位)

田中(1)
30m①:299(G.R.)
30m②:290
【Total:589(N.R.)】(4位)

廣木(1)
70m①:284
70m②:286
【Total:570】(5位)

細井(1)
50m:209(G.R.)
30m:296
【Total:505(G.R.)】(11位)



5日間の所沢集中練習の集大成として、納射会及び男女紅白戦が行われました。
4日間の疲れが溜まっている中での納射会となり、中々思うような点数が出ない部員が多い中で、未経験の新人が自己新記録を記録するなど盛り上がりを見せました。

紅白戦は、納射会の結果から男女それぞれ上位4人の合計得点をもって勝敗を決する形となり、女子が勝利を収めました。
また、納射会後には代表3人同士によるオリンピックラウンド形式の団体戦も行われ、こちらは男子がリベンジを果たし勝利するという結果に終わりました。



ここで、男女両主将からのコメントを掲載いたします。
《選手コメント》
田邉(3)
今回はリーグ戦の延期もあり集中練習期間では王座を見据えた70mに集中する方針を立てました。またコンセプトとして男女別に練習、チーム作りを優先に進めていき、最終日では対抗意識を白熱させるために男女別による対決を予定しました。
男子はオリンピックラウンドにて勝利を収めましたが、チーム全体としてみると点数面など多数課題の残る結果となりました。
この期間に個人で目標を常に持つことを意識付けさせたので、この結果を経て残りの春期練習がより質の高い練習になると思っています。ここから弾みをつけてリーグ戦勝利、そして王座制覇出来るよう準備を進めて参ります。今後ともご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

中村(3)
今年は残念ながら春合宿を開催することができず、代わりとして5日間の集中練習に取り組みました。団体戦やミニゲームを行う中で、チームとしての絆を深めた5日間になったと思います。最終日の納射会では個人として安定した成績を納めることができたものの、チームとしては目標点数に届かず、団体戦でも敗北となり課題も見えた試合でした。
春練も折り返しを迎え、残すところあと1ヶ月間となりました。その中で今回得た課題に向き合い、私たちの強みを磨いてまいります。部員一丸となって精進してまいりますので、今後とも変わらぬご声援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。



男女でライバル意識を持ちながら、70mを射ちこんだ集中練習の成果は、これから訪れる春に必ず花開くと信じています。
来るリーグ戦・王座に向けて、この5日間で得た収穫や課題を活かし、更なる熱量を持って練習に励んで参ります。
今後ともご声援のほど、よろしくお願いいたします。

中野勇斗
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR