fc2ブログ

第62代男子主将、女子主将、主務挨拶

先日の総会にて承認されました第62代の男子主将、女子主将、主務よりご挨拶を申し上げます。


本年度、早稲田大学アーチェリー部第62代男子主将を務めます、教育学部3年、柿沼大翔と申します。
男子主将という偉大な役を務めることを大変光栄に思います。

皆の先頭に立って、時には全員の背をしっかりと支え、この伝統ある早稲田大学アーチェリー部を王座制覇に導いていく、その覚悟と責任を持って、誠心誠意努める所存でございます。

今年を振り返ると、男子は王座ベスト8、女子は準優勝と、優勝まであともう一歩でありました。非常に悔しい思いをしました。また王座メンバー8人のうち5人が4年生であり、62代として王座制覇を目指すには、実力・精神力ともにまだまだ足りていないと強く責任を感じております。

この1年間、第62代早稲田大学アーチェリー部男子主将として1つ目標を掲げます。それは「人生で一番ミスをする」です。たくさんミスをして、壁にぶつかって、それを打ち破り続けていく。その先に成長が。そして王座制覇があると確信しております。たくさん失敗をして、それでも第62代早稲田大学アーチェリー部全員で乗り越えていく。そこに誇りと価値が生まれると信じています。

最後になりますが、皆様のお力添えをいただきながら、誇りを持って誠心誠意責務を果たして参ります。今後ともご指導ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

早稲田大学アーチェリー部
第62代主将兼トレーナー 柿沼 大翔


本年度、早稲田大学アーチェリー部第62代女子主将兼技術指導を務めます、スポーツ科学部3年の髙見愛佳と申します。
歴代の偉大な先輩方の跡を継ぎ、伝統も実績もあるこの部の女子主将という大役を任せてもらえること、大変嬉しく思います。
今年もあと一歩のところで逃した王座制覇、女子主将として悲願の目標を必ず達成すべく、責任と覚悟を持ってチームがいつも前を向けるよう、導いていきます。
また、少しずつコロナ禍も終息に近付き、有観客や有声での試合が増えることも予想されますが、チームを引っ張る私が混乱することなく冷静に、62代らしいチームカラーを作っていけるよう、尽力して参ります。
技術指導としては、新人はもちろんながら、部全体の技術力向上のため学び続け、還元していきます。
まだまだ未熟な私ではございますが、全身全霊で役割を全うして参りますので、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

早稲田大学アーチェリー部
第62代女子主将兼技術指導 髙見 愛佳


この度、第62代主務を務めさせて頂きます、人間科学部人間環境科学科3年の廣木円華と申します。
私たちの代が入部してから常に感染症と隣り合わせの活動が続いてきました。不測の事態が起きたとしても、62代の活動が円滑に進み、男女ともに王座制覇を成し遂げられるよう、主務の立場から部を全力でサポートしていきます。

また、いつも支えてくださる、監督、コーチ、OB•OGの方々と連携を行い”早稲田アーチェリー”の伝統を受け継いで行きたいと思います。

早稲田大学アーチェリー部
第62代主務 廣木 円華

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR