fc2ブログ

六大学二年生戦

昨日、早稲田大学所沢キャンパスにて六大学二年生戦が行われましたので、結果をご報告いたします。


9/26
(2021年度六大学二年生戦)
於:早稲田大学レンジ
天候:曇
出場者数:6名
《SH アベレージ戦》
【ave. 557.2】(2位)
下村(2)
50m:181
30m:263
【Total:444】(6位)
廣木(2)
50m:309
30m:331
【Total:640】(1位)
柿沼(2)
50m:241
30m:285
【Total:526】(5位)
井上(2)
50m:277
30m:325(N.R.)
【Total:602】(2位)
田中(2)
50m:235
30m:301
【Total:536】(4位)
高見(2)
50m:266
30m:329
【Total:595】(3位)














《選手コメント》
井上(2)
今回の六大学二年生戦は感染症対策のため無観客かつ無声での試合となりました。チームとしては無声試合というなかで、できる範囲でのコミュニケーションを取り合い、良い雰囲気を作れたと思います。個人としては、納得のいく結果は出せなかったものの、30mの自己ベストを更新することができました。今回の試合を通して見えて来た課題を修正しつつ、今後行われる予定の定期戦でも活躍できるように日々精進して参ります。

下村(2)
今回の六大学二年生戦は小雨が降る中行われ、少し肌寒い気温でした。新型コロナウイルス感染症対策のため、声出しや応援の無い静かな試合となりましたが、つつがなく試合を終えることが出来たことを嬉しく思います。また好敵手たる他大学の同期と親睦を深められたことは大変素晴らしく、開催に尽力して下さった六大学委員の皆様方には感謝の念に堪えません。早稲田大学としては二位という結果となりました。上位に入ることが出来たとも言える結果ではありますが、一位の慶應大学には大きく差をつけられており、課題が残る結果であると言えます。私個人としましても課題と教訓が山積していることを自覚させられる結果となりました。今回の結果を踏まえ、これからの練習で技術や体力、精神力を鍛えて行くことは勿論、同期としての結束力や連帯も強めて行けるよう努力して参ります。






新型コロナウイルス感染症対策により、無声試合となりましたが部員同士アイコンタクトを取り、声を掛け合うなど、終始和やかな雰囲気の中で行射が行われました。結果と致しましては、事前に設定していた目標点数には届かず、準優勝に終わってしまいました。しかし、各々が課題を見つけ、今後の成長に活かせる有意義な試合となりました。また、成績上位者として女子からは廣木が表彰されました。来月には早同戦及び六大学本戦、再来月には早慶戦が予定されています。これまでの夏季練習で培った成果を遺憾なく発揮できるよう、秋の定期戦に臨んで参ります。
最後になりますが、応援にお越しいただいた監督、ありがとうございました。


田中伶奈

男女紅白戦

昨日、夏季練習最終日に行われました、男女紅白戦の結果をご報告いたします。

9/23
(男女紅白戦)
男子 対 女子
於:早稲田大学レンジ
天候:晴
出場者数:18名

アベレージ
男子 ●568.3 - 578.9○ 女子

〈男子〉
中野(3)
50m:296
30m:342
【Total:638】(2位)

山下(1)
50m:301(G.R.)
30m:317
【Total:618】(4位)

服部(3)
50m:262
30m:312
【Total:574】(7位)

井上(2)
50m:259
30m:319
【Total:578】(6位)

浦田(3)
50m:303
30m:328
【Total:631】(3位)

柿沼(2)
50m:129
30m:224
【Total:353】(9位)

山本(3)
50m:271
30m:320
【Total:591】(5位)

下村(2)
50m:204
30m:260
【Total:464】(8位)

杉田(3)
50m:325(G.R.)
30m:343(G.R.)
【Total:668(G.R.)】 (1位)

〈女子〉
矢原(3)
50m:313
30m:337
【Total:650】(2位)

園田(1)
50m:330
30m:350
【Total:680】(1位)

廣木(2)
50m:296
30m:338
【Total:634】(3位)

田中(2)
50m:242
30m:289
【Total:531】(6位)

廣瀬(1)
50m:187(G.R.)
30m:304(G.R.)
【Total:491(G.R.)】(9位)

髙見(2)
50m:267
30m:325
【Total:592】(4位)

細井(2)
50m:273
30m:319
【Total:592(G.R.)】(4位)

塚本(1)
50m:219
30m:297
【Total:516】(8位)

笹原(1)
30m:267
30m:257
【Total:524】(7位)

 今回の男女紅白戦は、男女それぞれのアベレージの得点によって勝敗を決する形となり、10点差で女子が勝利を収めました。秋分の日とは思えぬ真夏日の暑さのなか試合が行われましたが、その暑さに負けぬほど白熱した試合となりました。また、今回は有声で試合が行われ、積極的な応援の元、明るい雰囲気で終始行射に臨むことができました。男女ともに、試合新を出した部員もおり、夏季練習の集大成として相応しいものになったのではないかと思います。



《選手コメント》

山本(3)
 今回の男女紅白戦は夏練最終日であり、2ヶ月間の集大成を見せる場として非常に重要な試合でした。結果としては男子が女子に敗戦する形となってしまいました。しかしながら、男女ともに程よい緊張感の中、メリハリを持って試合に臨めたということは今後の試合などに良い影響を与えると感じ、大きな自信に繋がりました。個人としては、チームを引っ張っていかなければいけない立場であるにもかかわらず、不甲斐ない点数に終わってしまい、素直に悔しいというのが率直な感想です。チームとしても個人としても、この夏練で得た成果を決して無駄にはせず、さらなる成長を目指して練習に励んで参りたいと思います。

廣瀬(1)

今回の男女紅白戦は夏練最終日ということで、夏練期間中の成果を発揮できる場となったと思います。私個人の結果としましては、試合新を射つことができ、これまでの成長を実感することができました。また本日は高い気温の中ではありましたが、選手同士積極的に声を出し合い、終始早稲田らしい雰囲気で試合を行うことができました。
明日から秋学期の授業が始まり、練習時間の確保が難しくなりますが、学業と部活動の両立を目指し、練習の質を確保できるよう精進して参ります。ご声援のほどよろしくお願いいたします。



 昨日の男女紅白戦をもって、夏季練習が終了しました。今年度も新型コロナウイルスの影響により、夏合宿をすることはできませんでしたが、集中練習やグループ対抗戦、男女紅白戦など、密度の濃い練習を積めたと思います。これから秋学期にかけて、定期戦が多く予定されています。夏季練習で得たものを存分に発揮することはもちろん、更なる上達を目指し、精進して参りたいと思います。今後とも、ご声援の程よろしくお願いいたします。



塚本美冴

グループ対抗戦

9/22(水)に、夏季練習の締めくくりの1つとしてグループ対抗戦が行われました。

今回は、距離30m・2分6射での団体戦形式で行われました。全てのグループが夏季練習で得たものを存分に発揮し、各々がセットを取り合う接戦となりました。



9/22
(グループ対抗戦)
於:早稲田大学レンジ
天候:晴
出場者数:13名

中野、田中、廣木、笹原、山下グループ ○ 5-3 ● 矢原、柿沼、細井、廣瀬グループ
浦田、服部、高見、内田、塚本 グループ ○ 5-1 ● 中野、田中、廣木、笹原、山下グループ
杉田、井上、下村、園田グループ ○ 6-0 ● 中野、田中、廣木、笹原、山下グループ
浦田、服部、高見、内田、塚本 グループ ○ 6-0 ● 矢原、柿沼、細井、廣瀬グループ
杉田、井上、下村、園田グループ ○ 6-4 ● 矢原、柿沼、細井、廣瀬グループ
浦田、服部、高見、内田、塚本 グループ ○ 5-3 ● 杉田、井上、下村、園田グループ

1位 浦田、服部、高見、内田、塚本 グループ
2位 杉田、井上、下村、園田グループ
3位 中野、田中、廣木、笹原、山下グループ
4位 矢原、柿沼、細井、廣瀬グループ



早稲田らしい和気藹々とした雰囲気の中、全員で戦い抜きました。

各グループの人数が異なり、相手グループに選出されたメンバーが足りない矢数を補う形で行う変則的な団体戦となり、グループ間で積極的にコミュニケーションを図る場面も見られました。

結果としましては、全勝で圧倒的な力を見せつけた浦田、服部、高見、内田、塚本 グループが優勝となりました。

またグループ対抗戦の終了後、学年対抗戦が行なわれ、前回8/20の学年対抗戦に引き続き3年生が威厳を見せ、1、2年生を圧倒しました。また1年生の活躍も目覚ましく、対2年生戦では1年生が勝利を収め、今後のさらなる活躍が期待されます。






以下、選手のコメントを記載いたします。
《選手コメント》
下村(2)
本日のグループ対抗戦は終始賑やかな雰囲気でした。どのグループも互いに声をかけあい、結束を高め合うことが出来ました。各グループの奮戦により優勝が決まらず、やり直すというハプニングもありましたが、二回の対抗戦の中で親睦を深めることが出来ました。グループ対抗戦の後には学年対抗戦を行い、そちらも明るい雰囲気でした。今回のグループ対抗戦では、アーチェリー部全体の団結を強めることが出来ましたので、この雰囲気を明日の紅白戦や試合にも活かしていきたいと思います。

塚本(1)
今回のグループ対抗戦は、清々しい秋晴れの元、行われました。どのグループでも前回のグループ対抗戦よりもコミュニケーションが積極的を交わされていて、とても楽しむことが出来ました。私のグループでは点数が良かった時も悪かった時も雰囲気を盛り上げることが出来たことが勝利に繋がったと思います。今回の対抗戦は前回よりもかなり高得点で争われ、とても白熱した戦いとなりました。これからも互いに切磋琢磨して高いレベルを目指し、精進して参りたいと思います。


異なる学年での団体戦を行うことで、各々がコミュニケーションの面でも、実力の面でも普段の練習では気づくことのできなかった一面を知り、刺激のある対抗戦となりました。

また、夏季練習の1つの節目として、今回のグループ対抗戦は、モチベーションを高めると共に、来年度の王座・リーグ戦を見据え、チームの結束力が一段と高まる練習となったと思います。

夏季練習、対抗戦で得た成果にさらに磨きをかけ、今後の定期戦、来年度のリーグ戦・王座制覇に向けて精進して参ります。

引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

柿沼大翔

9/18 早同戦延期

本日9/18の早同戦は悪天候が予測されるため延期となりました。

台風14号による豪雨、並びに所沢射場の水没の為このような判断となりました。

何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

諏訪陶佳

競技スポーツセンター 園田稚インタビュー

8月9日~15日にかけてポーランドにて行われました第17回世界ユース選手権の女子団体で、早稲田大学アーチェリー部の園田稚(1)がメンバーとなった日本代表が優勝致しました。

9月6日、競技スポーツセンターを訪れ金メダルを披露し、大会の状況や今後の意気込みを語りました。

アーチェリー世界ユースで女子団体「金」 早稲田初の快挙、園田稚が喜び語る



園田(1)が世界で活躍する姿は、アーチェリー部の部員達に大きな刺激と影響を与えています。

今後続く定期戦、並びにリーグ戦で良い成績を収める事が出来るよう、これからも部員一同練習に励んで参ります。
皆さま、ご声援のほどよろしくお願い致します。

諏訪陶佳






2021年度 早立定期戦

9月12日に、早稲田大学レンジにて早立定期戦が行われました。
試合の結果を報告させていただきます。

9/12
(立教大学定期戦)
対:立教大学
於:早稲田大学レンジ
天候:曇
出場者数:18名

〈男子〉
上位6名計
早稲田大学 ○3705-3700● 立教大学

中野(3)
50m:314
30m:342
【Total:656】(1位)

山下(1)
50m:302(G.R.)
30m:339
【Total:641】(2位)

柿沼(2)
50m:196
30m:298
【Total:494】(8位)

井上(2)
50m:257
30m:319
【Total:576】(6位)

内田(1)
50m:270
30m:292
【Total:562】(7位)

山本(3)
50m:281
30m:325
【Total:606】(4位)

服部(3)
50m:280
30m:320
【Total:600(G.R.)】(5位)

杉田(3)
50m:295
30m:331
【Total:626】 (3位)

〈女子〉
上位4名計
早稲田大学 ○2552-2448● 立教大学

矢原(3)
50m:311
30m:331
【Total:642】(2位)

廣木(2)
50m:302
30m:333
【Total:635】(3位)

園田(1)
50m:332
30m:351
【Total:683】(1位)

廣瀬(1)
50m:129(G.R.)
30m:187
【Total:316(G.R.)】(8位)

塚本(1)
50m:268(N.R.)
30m:308
【Total:576(N.R.)】(5位)

田中(2)
50m:217
30m:311(G.R.)
【Total:528】(6位)

諏訪(3)
50m:129
30m:296
【Total:425】(7位)

髙見(2)
50m:275
30m:317
【Total:592】(4位)

〈新人戦(30mシングル アベレージ)〉
出場者数:7名
早稲田大学 ave288.9 ○-● 268.7 立教大学

下村(2)
30m:274(G.R.)
【Total:274(G.R.)】(5位)

山下(1)
30m:317
【Total:317】(2位)

内田(1)
30m:312
【Total:312】(3位)

笹原(1)
30m:233(G.R.)
【Total:233(G.R.)】(6位)

廣瀬(1)
30m:223(G.R.)
【Total:223(G.R.)】(7位)

園田(1)
30m:353
【Total:353】(1位)

塚本(1)
30m:310(G.R.)
【Total:310(G.R.)】(4位)


今回の定期戦では、午前に男子と女子の試合、午後に新人戦が行われました。少々じめじめしていましたが、気温は高すぎなかったため、射ちやすい天候だったのではないかと思います。
また、61代として初めての試合であり、久々の有声試合となりました。全員での掛け声や円陣により、部員一丸となって明るい雰囲気の中で行射ができました。




以下、選手のコメントを記載いたします。

《選手コメント》
服部(3)
今回の早立戦は61代にとって初のエイト戦でした。結果として立教大学に勝利することができ、この代にとって良いスタートを切ることができたのではないかと思います。また試合中のチームの雰囲気はとても良く、お互いに励ましあいながら試合に臨むことができたことも大きな収穫でした。しかし、当初目標としていた点数には及ばず課題も多く見つかったため、ここでの反省を活かし今後チームとしてさらなる成長を目指していきたいです。
個人としては、今回試合新記録を出して早稲田の勝利に貢献することができ、とても納得のいく結果となりました。この結果に甘んずることなく、より一層このチームの戦力となれるよう、今後さらに練習を重ねて参りたいと思います。

内田(1)
今回の試合は私自身、そして61代として初めてのエイト戦への参加となりました。個人としては、50mのマイナスを30mで取り返すことができず、点数を伸ばしていくことができませんでした。新人戦についても、重要な場面でのミスが点数に直接響いてしまい、流れに乗り切れない部分がありました。
全体としてはエイト戦、新人戦ともに勝利を収めることができましたが、チーム全体の点数には課題が残ったと感じております。今回の課題を踏まえ、来年のリーグ戦に向け精進して参ります。今後もご声援の程、よろしくお願いします。


午後の新人戦においては、先輩方から頼もしい声援が送られ、最後まで精一杯射つことができました。


結果として、男女、新人戦の全てで勝利を収めることができました。部としての目標には惜しくも届きませんでしたが、各々見つけた課題や良かった点を活かして、チームとして成長していけるように練習に打ち込んでまいります。

最後になりますが、お越しくださった監督と四年生の皆様、定期戦を支え、応援してくださりありがとうございました。

笹原萌央
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR