fc2ブログ

大学入試体験記~その①~

高校生の皆様、いかがお過ごしですか?

この時期、どの大学に入学しようか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、現部員がどのように早稲田大学に入学したかを紹介したいと思います。
是非これからの進路の参考にしてください。

今回は、一般入試、指定校推薦、共通テスト利用方式で入学した5人を紹介します。

下村 謙史朗(2)
学部・学科→人間科学部 健康福祉科学科
入試形態→一般入試 文系方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?
高校は将棋部でした。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
とりあえず何処か志望校を決めようと思い、有名であることから早稲田大学を志望しました。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
受験生としてはあまり勤勉とは言い難かったです。誘惑に負けて現実から逃避することも多くありました。入試では解く問題を間違えたり、強い眠気に襲われたり散々でした。最終的にどうにか人間科学部に合格したので良かったです。先生に恵まれた事と友人達と切磋琢磨できた事が合格に繋がったのだと思います。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
弓のかっこよさと部の雰囲気が良かった事です。
5.入部してみての感想は?
和気藹々としつつも、真剣に練習に向き合える部活で「入って良かったな」と思いました。
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
様々な分野の中から、自分の興味がある事柄について学べます。知識欲を満たしたい人は向いているかもしれません。
7.高校生に向けて一言!
最後の最後まで諦めないで下さい。



内田 駿作(1)
学部・学科→人間科学部 健康福祉科学科
入試形態→一般入試 理系方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?
中高でアーチェリーをしていました。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
元々理工学部を志望していたため、併願の日程が丁度いい人間科学部を受験しました。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
受験時はとりあえずどこかに受かればいいやという精神でやっていたので、そこまで力が入っていませんでした。人間科学部の入試は数学で差がつきやすいため、国立志望でそこそこ得意だったのもあり落ち着いて受験することができました。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
環境のバランスの良さです。射場も先輩方もストイックすぎず、かつ甘いわけではないところに魅力を感じました。
5.入部してみての感想は?
レベルが高く、すぐアドバイスを受けることができることに感動しています。
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
文理融合で自分が何がしたいかを後で決めることができます。まだ将来が決まっていない人はぜひ受験してみてください。
7.高校生に向けて一言!
受験はわりとなんとかなるので落ち着いて取り組めば大丈夫だと思います。




笹原 萌央(1)
学部・学科→人間科学部 人間環境科学科
入試形態→指定校推薦

1.大学に入る前は何をしていましたか?
高校では生徒会に入ってました。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
父からよく早稲田の話を聞いており、私立だったら早稲田に行きたいと思っていたから。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
毎日早起きして勉強していました。朝型でした。
面接終了後は、共通テストの対策していました。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
全くの初心者でしたが、体験がとても楽しかったから。
5.入部してみての感想は?
とても楽しいです。先輩も同輩も優しく、とても良い環境だなと思いました。
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
自然や人間の心理など、様々なことを幅広く学ぶ予定です。
7.高校生に向けて一言!
コロナ禍で思うように行かないことが多々あるとは思いますが、体調に気をつけてください。応援しています!



廣瀬心咲(1)
学部・学科→人間科学部 人間環境科学科
入試形態→共通テスト利用数学選抜方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?
中高時代は天文部に所属して、太陽黒点の観測やプラネタリウムの作成をしていました。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
入りたいゼミがあったからです。
また、早稲田大学アーチェリー部に入部したかったからです。合格発表後、国立と迷って最終的に進路を決める際の決め手になりました。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
マイペースな性格だったので、結構のんびりしていました。フランス語受験だったため自分の学力が相対的にどれくらいかは最後まで知らないままだったのですが、自分を信じていました。中高時代の先生たちの授業が好きだったので受験生活は楽しかったです。
数学選抜方式は、すべて記述問題だということが特徴だと思います。難易度はあまり高くなく時間は十分にあるので減点されないよう解法を丁寧に論理的に書くことを心がけました。受験者数が500人ほどと少ないので、あまり緊張せずリラックスして受けました笑。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
高校生の頃から早稲田大学アーチェリー部のブログを読んでいて、絶対に入ろうと決めていました。
5.実際に入部してみての感想は?
すごく楽しいです!先輩方や同期は優しく、面白く、強いです。
私は未経験としてアーチェリー部に入部したのですが、わかりやすく丁寧に指導していただいています。
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
人間科学部では、文理を融合した学際性の高い学びができることが魅力です。私は高校時代文系を選択していたのですが、理系科目も好きでどちらも学びたいと考えていました。人間科学部はそのような人にぴったりの学部だと思います!
7.高校生に向けて一言!
いつでも自分を信じて進んでください!!!
早稲田大学アーチェリー部でお待ちしています!




塚本 美冴(1)
学部・学科→スポーツ科学部 スポーツ科学科
入試形態→一般入試

1.大学に入る前は何をしていましたか?
高校2年生まで水泳をしていました。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
スポーツ医学が学びたかったからです。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
夏休み前まではまだ余裕だと思っていましたが、そこからあれよあれよとあっという間に共通テスト、一般入試が押し寄せてきて、あっという間に受験が終わりました。私は早稲田以外の大学もかなりたくさん受験したので、早稲田の受験のときには無駄な緊張はなくなっていて、落ち着いて試験を受けることができました。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
高校生の頃から大学に入ったらアーチェリーをしたいなと思っていて、入学後に体験に来たら、とても楽しかったので入部しました!(アーチェリー部しか体験に行っていません笑)
5.実際に入部してみての感想は?
先輩方が細かいところまで指導してくださって、とても安心します!
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
スポーツに関する様々なことを学べます!
7.高校生に向けて一言!
未経験でも先輩方が一から教えてくださるので、大学で楽しいことを始めたいと思っている方はぜひアーチェリー部に体験に来てください!



内田 駿作

大学入試体験記~その②~

高校生の皆さん、こんにちは。

前回に引き続き部員の入試体験記を紹介します。今回紹介するのはアスリート選抜と競技歴加点でスポーツ科学部に合格した2人です。


園田稚(1)
学部・学科→スポーツ科学部スポーツ科学科
入試形態→トップアスリート入試(Ⅰ群)

1.大学に入る前は何をしていましたか?
中学生のころからアーチェリーをやってました。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何でしたか?
アーチェリー部があることと、スポーツ関係のことを学ぶことが出来るからです。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
面接のや小論文を入念に準備しました。受験も緊張しましたが、合格通知を待っている期間はとてもソワソワしてました。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
もともとアーチェリーをしていたのですが、新しい環境で新しいメンバーで頑張りたいと思ったからです。
5.実際に入部しての感想は?
皆さん練習熱心で優しい先輩方がたくさんいるなと思いました。私もそういう選手になりたいなと思いました。
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
1年生は基礎的なことを中心に勉強しています。筋肉の動きや骨の関係を学んだり、スポーツについての考え方を学んだりしてます。
7.高校生に向けて一言!
自分の目標に向かって頑張ってください!
応援してます!!





山下健友(1)
学部・学科→スポーツ科学部スポーツ科学科
入試形態→共通テスト利用競技歴加点方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?
小学校のときに水泳とラグビー、中1から高2の終わりまでアーチェリーをしていました。
2.早稲田大学を志望したきっかけは何でしたか?
高2の選抜大会で入賞したので、競技歴が使えるなと思って。また、愛知県の先輩が早稲田でアーチェリーをしていたから。
3.受験生活、入試はどうでしたか?
浪人をしていたので第一志望は理系の国立大学で、第二志望で早稲田大学スポーツ科学部でした。アーチェリー再開したいなーと思いながら生活していました。
4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
アーチェリーから離れている期間もアーチェリーのことが頭から離れなかったのでどこの大学へ行ってもアーチェリーは続けようと思っていました。強豪校ということもあり、入部は必然でした。
5.実際に入部しての感想は?
いつでも70mがうてる射場があり、上手い同期、先輩もいるのでとてもいい環境で練習できています。また、平日は自由に練習を組めるので授業や他の活動があっても練習できないということはあまりありません。
6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
ビジネスや文化、医科学などのスポーツに関わること全般を学んでいます。
7.高校生に向けて一言!
僕のようにアーチェリーが頭から離れない人もそうでない人も大歓迎です。お待ちしております!!




以上2回に分けて部員の入試体験記を紹介させていただきました。
この記事を通して早稲田大学アーチェリー部に興味を持っていただけたら幸いです。
受験生の皆さん、このような状況下ではありますが、体調管理に気をつけて最後まで頑張ってください!

山下健友





大学入試体験記~その②~

高校生の皆さん、こんにちは。
前回に引き続き部員の入試体験記を紹介します。
今回はスポーツ推薦と指定校推薦で入学した新入部員に質問しました。


髙見 愛佳(1)
学部・学科→スポーツ科学部スポーツ科学科
入試形態→総合型選抜Ⅱ群(アスリート選抜入試)

1.大学に入る前は何をしていましたか?
小学5年生からアーチェリー。中学時代は陸上部に所属し、アーチェリーとの両立。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何でしたか?
関東の大学かつ強豪校だったから。また、見学に行った時に雰囲気が良く、ここでアーチェリーを続けたいと思ったから。

3.受験生活、入試はどうでしたか?
合格が決まるまではとても不安で、正直辛かった。入試は志望理由書と面接のみだったので、ひたすら面接練習。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
アーチェリーを続けたかったから。

5.実際に入部しての感想は?
先輩との距離が近く、のびのびと楽しく練習できる。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
スポーツについて、色々な角度から学べる。

7.高校生に向けて一言!
早稲田という名前で無理だと諦めないでください!色々な入試方法があって、スポーツを続ける環境は作れるので、ぜひ挑戦してほしいです!アーチェリー部で皆さんの入部をお待ちしています!





廣木 円華(1)
学部・学科→人間科学部人間環境科学科
入試形態→指定校推薦

1.大学に入る前は何をしていましたか?
バレエとピアノをどちらも10年くらいやってました。アーチェリーは7年目です。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
姉が早稲田大学に入学したことです。

3.受験生活、入試はどうでしたか?
高校1年生の時から指定校推薦で大学に行きたいと考えていたので定期テストに力を入れていました。入試は面接だけだったので学校の先生と練習しました。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
大学に入っても続けたかったからです。

5.実際に入部してみての感想は?
とてもよい雰囲気で練習できています。目標に向かって努力できる環境だとおもいます。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
簡単に言うと人間に関わる全てのことを学際的に学べます。

7.高校生に向けて一言!
先行き不透明ではありますが目標に向かって頑張ってください!




二回に分けて部員の入試体験記を紹介しました。
少しでも早稲田大学アーチェリー部に興味を持っていただけたら幸いです。
また、不明な点や質問等がございましたら、お気軽にご連絡ください。
受験生の皆さん、このような状況下ではありますが、体調管理に気をつけて最後まで頑張ってください!
早稲田大学アーチェリー部でお待ちしています!

矢原七海

大学入試体験記~その①~

高校生の皆様いかがお過ごしですか?

この時期、どの大学に入学しようか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで現部員がどのように早稲田大学に入学したかを紹介したいと思います。
是非これからの進路の参考にしてください。

今回は、センター利用競技歴方式、一般入試で入学した2人を紹介します。

市川 遼治(4)
学部・学科→スポーツ科学部 スポーツ科学科
入試形態→センター利用競技歴方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?

小中で野球、高校からアーチェリーを始めました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?

まさに文と武が両立できる大学だからです。またアーチェリー部のブログを見ており、雰囲気が良く活気のある部活だと感じたためです。

3.受験生活、入試はどうでしたか?

国体や全日本大会があったため本格的に試験対策を始めたのは11月からでした。センター試験まで短い期間でしたが、実際に使うのは3科目だけだったため集中して取り組むことができました。弓を触れない期間は苦しい日々でした。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?

必然でした。

5.実際に入部してみての感想は?

これまでの部活動とは異なり、部員一人一人が主体的に運営に関わっていると感じました。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?

様々な分野からスポーツについて学びます。実習で日本を代表するような学生と一緒になると圧倒されます。

7.高校生に向けて一言!

アーチェリーだけでなく人として成長できる場がここにはあると思います。是非興味のある方は一度お越しください。お待ちしております!!





藤澤博斗(3)
学部・学科→社会科学部社会科学科
入試形態→一般入試

1.大学に入る前は何をしていましたか?

中高でアーチェリーをやっていました(あまり真剣にやってはいませんでした笑)。
また、文化祭の実行委員なんかもやっていましたね。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
 
某国立大学を第1志望としていて、第2志望に私立大学の早稲田を選びました。
その国立大学の学部や研究内容に1番近いと自分が感じたのが、早稲田の社会科学部でした。

3. 受験生活、入試はどうでしたか?

浪人するのが本当に、どうしても嫌で、国立の記述形式の入試対策と、私立やセンターのマーク形式の入試対策とを比較した時に、どうしても後者ばかりをやっていました。
結果として、私立大学は全て合格できたのですが、肝心の第一志望は落ちてしまいました。
浪人を恐れすぎて記述対策を軽視していたのがもったいなかったですね笑

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?

決め手は3つあります。
1つは、自分が中高の時アーチェリーを全然真剣にやってこなかったため、大学で1からやり直したい、もとい真剣にやってみたいな、と思ったからです。
2つ目に、中高の時の先輩がいらっしゃったことです。連絡を取るハードルが低く、入部当初は色々とお世話になりました。
3つ目に、部活に入ることで人生が豊かになると思ったからです(大げさですね笑)。
大学生活は勿論、就活、社会人生活、あるいはこの先人生の岐路に立った時など、あらゆる場面で部活動で培ってきた経験を生かせるのではないかと期待して入部しました。

5. 実際に入部してみての感想は?

まず驚いたのはレベルの高さです。中高のアーチェリー部と比べると数十倍も競技レベルやアーチェリーへの意識が高く、本当にビビりました笑
ただ、そんな中でも未経験者や、自分のように大学からやり直したいという人に対して懇切丁寧に指導をしてくれる点で、とても有難かったです。
また、1つの組織としての運営や結束力がしっかりしていて、団体としてアーチェリー部は安心できるな、と思いました。

6. 学部、学科ではどのようなことを学びますか?

社会科学部は、とても雑に言うと「社会科」の学部です。なので、歴史、地理、法、政治、経済…といった、本当に多種多様なことを学ぶことができます。色々な学問を結びつけて勉強・研究をするのは楽しいですよ。
私は現在、国際関係論(国際政治・経済)を専攻しています。

7. 高校生に向けて一言!

コロナ禍の影響もあって本当に大変だと思います。受験勉強、頑張ってください。応援しています!
アーチェリー部は体育会ですが、上下関係がとても厳しく、練習がとてもハード、といったようないわゆる"体育会"ではありません。
部員全員で仲良く、いい雰囲気で、それと同時に実績をしっかり残すことができることが、何よりの魅力だと思います。
興味を持ったら是非、連絡してください!待ってます。





井上空

大学入試体験記~その②~

高校生の皆さん、こんにちは。

さて、前回に引き続き部員の入試体験記を紹介します。part2である今回紹介するのは異なる方法によりスポーツ科学部に合格した2名です。


矢原七海(1)
スポーツ科学部
スポーツ推薦(アスリート選抜入試)

1.大学に入る前は何をしていましたか?
中学3年からアーチェリーを始めました。
その前はテニスとバスケを短い期間していました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
学生主体で行う部活動に魅力を感じました。また、最先端のスポーツ科学を学べる環境に惹かれました。

3.受験生活、入試はどうでしたか?
面接の一発勝負だったので、様々な科目の先生に協力してもらい、どんな質問にも答えることができるよう、たくさん練習しました。競技力低下しないように、卒業まで練習をしていました。

4.入部してみての感想は?
自分のペースで練習できるし、先輩方もみんなすごく優しいので、充実した部活動ライフを送っています。
みんな目標を高く持っていて、自然と頑張ろうという気持ちになります。早稲田大学アーチェリー部に入部して正解だと思ってます。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
最先端のスポーツ科学を幅広く、色んな場面から学びます。自分はスポーツ関係の夢があるため、どの授業もすごく興味深いし、楽しいです!

7.高校生に向けて一言!
大変だと思いますが、楽しい大学ライフが待っているのであと少し頑張ってください!新しいことに挑戦したい方、少しでも興味がある方、アーチェリー競技を続けるか迷っている方、続けると決めている方、みんな一緒にアーチェリーしましょう!!♪




山本 治輝 (1 )
スポーツ科学部 スポーツ科学科
入試形態 センター利用競技歴加点方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?
小学生の時は器械体操をしていて、中高6年間アーチェリーをしていました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
浪人をした時に、予備校のチューターから早稲田の競技歴加点方式のことについて教えてもらい、受験してみようと思いました。

3.受験生活、入試はどうでしたか?
現役、浪人と同じ国立大学を目指して頑張っていましたが、センターの勉強と二次試験の勉強の両立が難しくしんどかったです。入試に関して言うと、浪人の時はもう失敗できないという緊張感の中で受験したのを覚えています。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
どこの大学に入っても競技は続けようと思っていたので、特にこれという決め手はないです。

5.実際に入部してみての感想は?
やらなければいけないことが多くてしんどいと思うこともありますが、それ以上に競技における達成感があるので入って良かったなと思っています。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
スポーツという観点から文化、ビジネス、教育、医科学などを学んでいます。

7.高校生に向けて一言!
早稲田大学アーチェリー部で一緒に頑張りましょう!



2回にわたって今年度の新入部員による、大学入試体験記をご紹介させていただきました。
記事を通して早稲田大学、そしてアーチェリー部に興味を持っていただけたら幸いです。
受験生の皆さん、体調管理に気をつけて最後までがんばってください!

中村 美優
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR