FC2ブログ

大学入試体験記~最終回~

高校生のみなさんこんにちは。

大学入試体験記も今回で最後となりました。
part4となる今回は、指定校推薦入試およびグローバル入試で合格した2人を紹介したいと思います。

松村陸斗(3)
政治経済学部
入試形態 グローバル入試

1.大学に入る前は何をしていましたか

中学校ではマーチングバンド、高校生でアーチェリーを始めました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか

高校の部活の顧問の先生に早稲田大学のアーチェリー部をオススメされ、志望しました。

3.受験生活、入試はどうでしたか

インハイや国体の強化メンバーであったため、夏の終わりに引退して受験勉強が始まりました。政治経済学部のグローバル入試という早期に行われる受験を受けると決めていたため、小論文の対策と事前にTOEICとTOEFLを受験しました。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?

高校の部活の顧問の先生がオススメしてくれたという点と、しっかりとした部活でアーチェリーをしてみたいと思ったからです。

5.実際に入部してみての感想は?

大変なことも多くありましたが、それ以上楽しいことが多く、満足しています。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?

私は国際政治経済学科に所属しています。この学科では政治学科と経済学科の必修と国際政治経済学科独自の必修を履修する必要があり、必修がとても多いです。幅広く学びたい人にはオススメの学科だと思います!

7.高校生に向けて一言!

英語に自信がある人や帰国生は是非グローバル入試を受けてみてください!目安としてはTOEICで900点、TOEFLで100点あればチャンスが大きくなると思います。
そして興味がある人は大学から是非アーチェリーを始めてみてください!




横塚葵(1)
文化構想学部
入試形態 指定校推薦入試

1.大学に入る前は何をしていましたか

中学でアーチェリーを始めて高校もアーチェリー部でした。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか

大学は早慶しか考えていなかったのでご縁のあった早稲田大学に進学しました。

3.受験生活、入試はどうでしたか

高校3年生の最後まで部活は続けると決まっていたので、高校1年生から少しずつ勉強は始めていました。両立することはそこまで大変ではありませんでした。指定校推薦なので高校から合格をもらった後4000字の自己推薦書を大学に提出しました。担当の先生にもよると思いますが、これが一番大変でした。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?

もともと早稲田大学アーチェリー部の前監督にお世話になったことがあったので特に迷うことも無く入部は決めました。

5.実際に入部してみての感想は?

中高時代とは全く違うメンバーということもあり、いろいろ戸惑うことも多いです。先輩方は優しいのでいろいろと相談に乗ってくださいます。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?

文化構想学部は1年生は第2外国語と英語が中心で実践的に学ぶことができます。講義は自分の興味があるものを好きに選べるので自由度の高い学部です。2年生からは興味のある論系に進み専門的に学ぶことができます。文化構想学部の特徴はそれぞれの論系に進んだ後でもそこに縛られることなく興味がある事はなんでも学べることです。まだ何がしたいか決まっていない人にはオススメです。

7.高校生に向けて一言!

誰に何を言われても自分の人生なので自分で考えて決めることが大切です。自分がやりたいと思ったことは最後までやりきってください。勉強・部活どちらかを捨てる必要はありません。自分の手に余ると思ったらそれぞれのスペシャリストに相談して目標を実現するできるよう行動することも大切です。




受験体験記は今回が最終回です。
記事を通して早稲田大学、そしてアーチェリー部に興味を持っていただけたら幸いです。
受験生の皆さん、体調管理に気をつけて最後までがんばってください!

篠原純弥

大学入試体験記~その③~

高校生の皆さん、明けましておめでとうございます。

年も変わりましてセンター試験の日程も近づいて参りました。そこで今回はセンター利用競技歴方式、そして一般入試で合格した2人を紹介したいと思います。

澤枝紀華(1)
スポーツ科学部
入試形態 センター利用競技歴方式

1.大学に入る前は何をしていましたか

高校でアーチェリーをはじめました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか

周りの友達が早稲田を志望していたことと高校の先輩が早稲田に合格したことがきっかけです。

3.受験生活、入試はどうでしたか

勉強はほとんど高校の自習室で行い、予備校には行きませんでした。早稲田が第一志望だったので一番受かりそうな競技歴方式に目を付け、私大の対策をしつつ、センター試験では世界史と理科基礎で満点を取れるように勉強していました。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?

女子が1部リーグで活躍していたことと、所沢キャンパスに射場があることです。

5.実際に入部してみての感想は?

部活全体の意識が非常に高く、強いチームであると感じました。また個人としては、監督、コーチ、先輩方によるご指導のおかげで高校生の時よりも大きく成長することが出来ました。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?

ビジネス、教育、医化学など様々な視点からスポーツを学んでいます。

7.高校生に向けて一言!

早稲田大学アーチェリー部という素晴らしいチームで一緒に活動出来たらいいなと思います。受験がんばってください!






駒崎友彰(1)
先進理工学部 応用物理学科
入試形態 一般入試

1. 大学に入る前は何をしていましたか

小学校の頃は野球部に入っていました。中学の時に部活でアーチェリーを始めて、それからアーチェリー一筋でした。

2. 早稲田大学を志望したきっかけは何ですか

高3の時にオープンキャンパスに行き、学べる分野の多さや設備の良さを実際に目にして志望するようになりました。

3. 受験生活、入試はどうでしたか

かなりしんどかったです。特に、浪人の時の受験直前期は恐怖しかなく、もし落ちたら二浪か…などと考えてナイーブになってました。

4. アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?

もともとアーチェリーを続けるつもりだったことと、高校時代から関わりがあった先輩方がいたことです。

5. 実際に入部してみての感想は?

まず、日本トップレベルの選手がたくさんいてやっぱ早稲田のアーチェリー部は強いなと実感しました。また、先輩も同期も面白い人ばかりでとても楽しいです。

6. 学部、学科ではどのようなことを学びますか?

この世の森羅万象を司る物理学と、物理を扱うために必要な知識、道具として数学を学びます。また、私は応用物理学科なので、純粋物理だけではなく、物理を利用した実学も学びの対象に入っています。

7. 高校生に向けて一言!

キラキラでまばゆいブリリアントな激アツの早稲田大学が君を待っている!ぜひアーチェリー部へ!





田辺正騎

大学入試体験記 ~その②~

高校生の皆さん、こんにちは。

さて、前回に引き続き部員の入試体験記を紹介します。part2である今回紹介するのはスポーツ推薦により合格した1名です。

中村 美優(1)
スポーツ科学部
入試形態 スポーツ推薦

1.大学に入る前は何をしていましたか

小学校では水泳などの習い事、中学校ではバドミントンをしていました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか

早稲田大学で活躍する先輩に憧れて志望しました。

3.受験生活、入試はどうでしたか

入試は面接が2回あったので、それに向けて先生と対策をしていました。それ以外は試合に向けて練習をしていました。

4.早稲田大学アーチェリー部に入部してどうでしたか

学生主体で運営されており、一人一人の意識がとても高い部活です。仲間と切磋琢磨しながら上達していける場だと思います。

5.学部、学科ではどのようなことを学びますか

スポーツに関わる分野を幅広く学ぶことができます。

6. 高校生に向けて一言!

早稲田大学は入試形態も様々なので自分に合った方法で挑戦ができます。
また、アーチェリー部では高いレベルで部活に取り組むことができます。一緒にアーチェリーやりましょう!



市川遼治

大学入試体験記 ~その①~

高校生の皆様いかがお過ごしでしょうか?

この時期、どの大学に入学するべきか悩んでいる方や、勉強に行き詰まり不安を抱えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今年も現役部員がなぜ早稲田大学への入学を選択したのか、全4回のシリーズで紹介したいと思います。

是非、これからの進路の参考にしていただければと思います。

今回は、一般入試とセンター利用入試で入学した二人をご紹介します。


北 遼祐(1)
教育学部 社会科
入試形態 一般入試

1.大学に入る前は何をしていましたか?
小学校では水泳、中学校では剣道、高校からアーチェリーを始めました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
自分は数学がとても苦手だったので自然と私立文系を目指すようになり、その中でも高いランクを目指そうと思い、志望しました。

3.受験生活、入試はどうでしたか?
自分はインハイがあったので8月に部活を引退してそこから受験勉強を始めました。英語が苦手だったので英語に多くの時間を割いていましたが、国語と日本史も毎日やるようにはしていました。入試本番ではとても緊張していたので何も考えなくていいように休憩時間は寝るようにしていました。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
強豪校と聞いていたのでアーチェリーを続けていくのであれば上手くなりたいと思ったからです。

5.実際に入部してみての感想は?
先輩方が優しい人ばかりなのでとても楽しくアーチェリーが出来ています。それに加えて、同期も含めて上手な人が多く切磋琢磨出来ています。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
自分は教育学部の社会科地理歴史専修に所属しています。教育学部だから教育を中心に学ぶということは一切なく、歴史と地理両方の分野を多角的に学ぶことができます。

7.高校生に向けて一言!
今が一番辛い時期だと思います。ですがやった分がちゃんと身になるのが勉強です!頑張ってください!






久山 柊介(1)
人間科学部 人間環境科学科
入試形態 センター利用 数学選抜方式

1.大学に入る前は何をしていましたか?
小学校ではスポーツは何もやっていませんでした。中学高校ではバスケットボール部に所属していて、昼休みにはよくフットサルをして遊んでました。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか?
早稲田大学を志望した大半の理由は豊富な入試方式にあります。僕はもともと国立大学志望であり、私立大学の入試に時間を割いている時間がないという状況でした。そこで目をつけたのが人間科学部の数学選抜方式でした。数学選抜方式はセンター試験の点数も一部算入されるものの二次試験では数学のみなので、数学を武器としていた自分にとって一番適合した形態でした。また、点数配分は700満点でセンターは140点二次試験(数学)560点となっており、国立大学の入試とは異なり、仮にセンター試験で失敗しても十分に二次試験で取り戻せる点数配分になっていたということも決め手でした。

3.受験生活、入試はどうでしたか?
受験生活は、部活はまだ続いてましたが高校2年生の冬から本腰を入れ始めてました。国立志望だったので、数学をもちろんのこと英語や理科2科目などの理系科目を得意不得意関係なく偏りない勉強を心がけていました。
入試は簡単に言ってしまうと失敗でした。数学選抜で人間科学部を通過した僕ですが、実はセンター試験の数学の点数は1Aが58点、2Bが62点でした。国立大学に合格に遠ざかるような結果となってしまいました。

4.アーチェリー部への入部の決め手は何でしたか?
温かく向かい入れてくれた、優しい先輩達がいたことです。また、指導してもらっていく度に成長していくのを感じることが楽しかったことです。

5.実際に入部してみての感想は?
先輩達からの手厚い指導だけでなく、仲間同士で切磋琢磨できる良い環境だと感じています。

6.学部、学科ではどのようなことを学びますか?
人間科学部では心理学、社会学、歴史学や工学など自分が興味がある学問を幅広く学ぶことができます。ですから、人間科学部に入ってから興味があるものが見つかる可能性も十分にあります。

7.高校生に向けて一言!
先述した通り僕はセンター試験で大失敗をしています。センター試験後に各大学の判定が出るセンターリサーチでは人間科学部の数学選抜の判定は前代未聞のF判定(最低評価)でした。それでも、僕は判定や数学選抜の合格人数を気にしないで、点数配分的にはまだまだ勝機はあるはずだと切り替えました。
また、僕がセンター試験で失敗した理由の1つは油断でした。12月の東進の最終模試で1Aと2Bともに9割越えを達成して理科や国語など苦手科目だけをやって数学は本番まで手をつけませんでした。
要するに何が言いたいかというと、模試などの結果に一喜一憂しないことです。結果が悪かったら気持ちを切り替えて次に向けて迎え撃つだけ、結果が良かったらそれはそれなりの努力があったはずだから努力をし続けることが大切です。

早稲田大学アーチェリー部は仲間同士で支え合い、競い合うことができるいい部活です。早稲田大学アーチェリー部の部員全員であなたの入部を楽しみに待っています。





粟田夏生


大学入試体験記~その②~

高校生の皆さん、こんにちは。

前回に引き続き、部員の大学合格への道のりを紹介します。最終回となる今回は、スポーツ推薦・センター利用競技歴方式の入試を経験した2人に話を聞きました。

小池 美朝
スポーツ科学部
入試形態 スポーツ推薦

1.大学に入る前は何をしていましたか
小学6年生からずっとアーチェリーをしてきて他のスポーツはしたことがありません。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか
色んな分野で頑張っている人が集まっている早稲田で自分も高めていきたいと思い、志望しました。

3.受験生活、入試はどうでしたか
スポーツ推薦なので、面接の練習をひたすらしていて、受験というよりは就活みたいな感じでした。

4.早稲田大学アーチェリー部に入部してどうでしたか
先輩方が指導してくれたりしてチーム全員で上手くなろうと助け合っているのでとても良いチームだと思います。

5.学部、学科ではどのようなことを学びますか
スポーツというテーマを通して幅広い学問領域を科学的に学ぶことが出来ます。

6.高校生に言いたいことはありますか
早稲田大学には自分自身を高め合える環境が学校や部活動共に整っています。
文武両道したい、団結力があるチームで競技をしたい方にとても良いと思うので是非早稲田に来て頂き素晴らしさを感じてもらいたいです。





棚田 歩
スポーツ科学部
入試形態 センター利用競技歴方式

1.大学に入る前は何をしていましたか
小、中学は競泳、高校からアーチェリーです。

2.早稲田大学を志望したきっかけは何ですか
早稲田大学なら部活と勉強を高いレベルでやれると思ったからです。

3.受験生活、入試はどうでしたか
10月の国体まで出させていただいたため、センター試験まで時間がなく、とにかくセンター試験の対策をしていました。センター+競技歴はセンター3科目と競技歴で判定されるので3科目に集中して勉強したため、センター試験に間に合わせる事が出来ました。

4.早稲田大学アーチェリー部に入部してどうでしたか
色々な面でレベルが高いなと感じました。競技の面はもちろんのこと、組織としての役割をしっかりこなしていて、意識を高く持ちながら部活できます。

5.学部、学科ではどのようなことを学びますか
スポーツの分野を幅広く学んでいます。

6.高校生に言いたいことはありますか
早稲田大学アーチェリー部はみんなの意識が高く、切磋琢磨することができる部活です。充実した大学生活を送りたい人にオススメです!




小栗円香
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR