FC2ブログ

女子 日本体育大学練習試合

昨日早稲田大学レンジにて、女子日本体育大学練習試合が行われたので、結果をご報告致します。


4/18
(女子日本体育大学練習試合)
対:日本体育大学
於:早稲田大学レンジ
天候:晴
出場者数:6名

上位4名計
早稲田大学 ○2574-2484● 日本体育大学

中村(4)
50m:313
30m:333
【Total:646】 (2位)

廣木(2)
50m:311
30m:326
【Total:637】 (3位)

横塚(4)
50m:275
30m:320
【Total:595】 (5位)

髙見(2)
50m:283
30m:308
【Total:591】 (6位)

園田(1)
50m:321
30m:343
【Total:664】 (1位)

髙木(4)
50m:298
30m:329
【Total:627】 (4位)



今回の日本体育大学練習試合は、晴天でしたが風が強く吹く難しい環境の中で行われました。また、リーグ戦を想定した無声試合となり、明治大学との練習試合よりも静かな雰囲気で試合が進行しました。
結果としましては、日本体育大学に勝利を収めることができました。しかし、先週の選考よりも点数を落とすかたちとなり、課題が見えた試合となりました。

リーグ戦まで残り1ヶ月となりました。個々の実力を伸ばしつつ、今回の試合で見えたチームとしての課題を克服して挑んでいきたいと思います。

ここで選手コメントを掲載します。

《選手コメント》

髙木(4)
今回は風が大変強く、とても射ちにくい中での練習試合となりました。メンバーを決める選考ではとても調子が良く、試合での自分の実力を図る良い機会となりました。結果として強豪校相手に勝利を収めることはできましたが、自分自身の点数としては満足のいくものとはなりませんでした。今回の試合で見えた課題を改善して、リーグ戦に向けて調整していきたいと思います。引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

園田(1)
日本体育大学の方たちと練習試合を行いました。練習試合に出るのははじめてで緊張しましたが、先輩方に支えていただきSHを射ちました。とても風が強くて射ちにくく大変でしたが、早稲田大学アーチェリー部の和気あいあいとした雰囲気のおかげで最後まで射ちきることが出来ました。そして、日本体育大学に勝つことができ、次のリーグ戦に向けて大きな自信となりました。
次の試合も頑張ります。



引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します。

廣木円華

男子 日本体育大学練習試合

昨日早稲田大学レンジにて、男子日本体育大学練習試合が行われましたので、結果をご報告致します。






4/17
(男子日本体育大学練習試合)
対:日本体育大学
於:早稲田大学レンジ
天候:曇
出場者数:6名

上位6名計
早稲田大学 ●3712-3864○ 日本体育大学

西(4)
50m:279
30m:334
【Total:613】 (4位)

田辺(4)
50m:278
30m:330
【Total:608】 (5位)

中野(3)
50m:309
30m:337
【Total:646】 (1位)

藤澤(4)
50m:297
30m:330
【Total:627】 (2位)

山下(1)
50m:268
30m:324
【Total:592】 (6位)

浦田(3)
50m:291
30m:335
【Total:626】 (3位)





今回の日本体育大学練習試合は、降り止まない雨に打たれながらの厳しい環境で行われました。
結果としては、日本体育大学に敗北を喫し、悔しい結果を残すこととなりました。今回の敗因としては、日体大の“余裕”に飲み込まれ、我々の安定感の無さが際立ち、気持ちの切り替えの甘さが出たことによるものだと考えられます。しかし、最後まで愚直に諦めず食らいついていくことができたので、今後に繋げていきたいと思います。

リーグ戦まで残り一ヶ月となり、ここまでいくつか無声試合を重ねてきました。そこで得た知識と経験を生かし、リーグ戦本番に向けてより一層の努力と集中を重ね、個人としてもチームとしても安定化を図りつつ更なる点数アップを目指していきます。


ここで選手コメントを掲載致します。


《選手コメント》


田邊(4)
今回の練習試合は雨天の中で行われました。個人としては考え直す所が多い点数であり、また全体としても本調子を出すことが出来ませんでした。しかし今回想定していたリーグ戦に関しては一発選考のため、我々は現時点で大きく力不足であることを改めて痛感させられました。今回の得られた経験を噛み締めた上で数段気を引き締め、来るリーグ戦本番で最高の状態を迎えられるよう精進して参ります。最後になりますが今後ともご声援、ご支援の程宜しく御願い致します。


山下(1)
今回の日本体育大学練習試合は私個人としては約2年ぶりとなる試合でした。まだ競技を再開して1ヶ月半で久々の試合なので、出来ることを精一杯頑張ろうという気持ちで試合に臨みましたが、結果的に選考の点数より50点以上低い点数を記録してしまいました。50mの時に強い雨が降り、自分のフォームの悪い部分が強くでてしまったなと思っています。試合での課題だけでなく、練習でもまだまだ課題が山積している状況ですので、まずはその一つ一つを着実にクリアしていき、間に合えば今年のリーグ戦のメンバー入りや王座も狙っていきたいと思っています。また長期的に見て高得点が狙えるようなフォーム作り、体作りをしていきたいと思っています。点数面や、チームのメンバーとしてまだまだ未熟ですが、これからもっと努力していきますので、今後ともご声援の程をよろしくお願い致します。





引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。



井上空

明治大学練習試合

昨日明治大学レンジにて、明治大学練習試合が行われましたので、結果をご報告致します。





4/4
(明治大学練習試合)
対:明治大学
於:明治大学レンジ
天候:曇
出場者数:14名

〈男子〉
上位6名計
早稲田大学 ○3710-3576● 明治大学

田辺(4)
50m:277
30m:325
【Total:602】 (5位)

杉田(3)
50m:293
30m:339
【Total:632】 (2位)

藤澤(4)
50m:297
30m:342(G.R.)
【Total:639(G.R.)】 (1位)

山本(3)
50m:276
30m:308
【Total:584】 (6位)

中野(3)
50m:287
30m:334
【Total:621】 (4位)

浦田(3)
50m:310
30m:322
【Total:632】 (2位)

駒崎(4)
50m:303(G.R.)
30m:311
【Total:614(G.R.)】


〈女子〉
上位4名計
早稲田大学 ○2481-2381● 明治大学

横塚(4)
50m:284
30m:324
【Total:608】 (4位)

廣木(2)
50m:313(N.R.)
30m:334
【Total:647(G.R.)】 (1位)

細井(2)
50m:255
30m:317
【Total:572】 (5位)

澤枝(4)
50m:256
30m:310
【Total:566】 (6位)

高見(2)
50m:286
30m:328
【Total:614】 (2位)

高木(4)
50m:295
30m:317
【Total:612】 (3位)

田中(2)
50m:243(N.R.)
30m:294
【Total:537】





今回の明治大学練習試合は天候が悪く、良いコンディションとはいえない中で行われました。
しかし男子女子共に勝利を収めることができ、5月に行われるリーグ戦に向けた好調な出だしとなりました。一方で点数においては、目標としていたものに及ばず今後の課題が明確になった試合でもありました。
今回の課題も踏まえて目の前にある目標の達成を目指し、今後も練習を重ねていきたいと思います。

ここで選手コメントを掲載致します。

《選手コメント》
藤澤(4)
今回の明治大学練習試合では、男子チームにとって今年初の団体戦になりました。更に、コロナ禍による2021年度関東リーグ戦規約変更に則り、エイト戦ではなく6人での戦いになりました。風も時折強く吹き荒れる中、男子チームの結果としては勝利をおさめることが出来て大変喜ばしく思います。
久々の、そして例年とは大きく環境や形式が異なる中でも、早稲田らしい動きやコミュニケーションをとることができ、非常に良い雰囲気で試合を行うことができました。また、個人の成績としましても、チーム内一位の成績をとることが出来、喜ばしく思います。私はエイト戦で点数が大きく下がってしまうことが多かったので、今回チームを引っ張ることが出来て安堵しております。
しかしながら、チームとしても個人としても、点数目標にはまだまだ及んでおりません。また、コミュニケーション面も発展途上の箇所が見られます。残りの一か月で、男子チームとしても個人としても、更なる高みを目指して練習に努める所存です。今後ともご声援の程をよろしくお願い致します。

廣木(2)
今回の練習試合は来月のリーグ戦を想定した無声試合でした。点数コールや円陣を思う存分出来ず、雰囲気作りが難しかったです。しかし、私自身、自己ベストや試合新をうちチームに貢献できたことに満足しています。春練で練習したことや先輩から頂いたアドバイスを生かすことができたと感じています。今年のリーグ戦は1度きりなので、残り1ヶ月の期間で実力を全て発揮できるよう練習したいと思います。

引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

細井眞美子

第51回世界選手権最終選考会、第17回世界ユース選手権最終選考会

4月2日から4日にかけて、静岡県のつま恋にて第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会兼第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会が行われましたので、結果をご報告させていただきます。

4/3
(第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会 第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会)
於: つま恋リゾート彩の郷
天候:晴
出場者数:1名

園田(1)
70m①:309
70m②:320
【Total:629】

70m③:319
70m④:323
【Total:642】
144射計:1271

(世界選手権選考会 3位)
(世界ユース選考会 1位)

4/4
(第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会 第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会)
於: つま恋リゾート彩の郷
天候:雨
出場者数:1名

園田(1)
70m①:326
70m②:331
【Total:657】

70m③:314
70m④:318
【Total:632】
144射計:1289

(世界選手権選考会 6位)
(世界ユース選考会 2位)



世界選手権大会最終選考会、世界ユース選手権大会最終選考会に新入部員の園田が出場しました。園田は現在ナショナルチームに所属し、日本代表として活躍しています。
東京オリンピック代表などが揃うハイレベルな試合で、大学1年生ながら拮抗した展開を見せますが惜しくもメンバー入りをすることはできませんでした。

しかし、園田は世界選手権大会と同時開催された世界ユース選手権大会の出場資格があります。そこには見事2位でメンバー入りを果たしたため、8月にポーランドで行われる大会に日本代表として出場することが決定いたしました。



ここで選手からコメントを頂いたので掲載させていただきます。

《選手コメント》
園田(1)
私は今回、第51回世界選手権大会リカーブ部門最終選考会兼第17回世界ユース選手権大会リカーブ部門最終選考会に出場しました。トップ選手が集まる試合ということもありとても緊張しました。思ったように体が動かず世界選手権の選考会は通りませんでした。しかし世界ユース選手権は2位で通過することができました。この試合の課題を克服し、世界ユース選手権で金メダルをとることを目標に日々精進します。



このようなルーキーの凄まじい活躍は、部全体に非常に良い刺激をもたらします。新入部員から新たに多くのことを学び、部員全員が競技力向上に繋げていきたいと思います。これからリーグ戦や王座に向け、部全体がより一層一丸となり精進して参りますので、引き続きご声援の程よろしくお願い致します。

矢原七海

春季所沢集中練習 納射会 男女紅白戦

昨日行われました春季所沢集中練習の納射会及び男女紅白戦の結果をご報告いたします。



2/28
(2020年度春季集中練習納射会)
於:早稲田大レンジ
天候:晴
出場者数:15名

澤枝(3)
70m①:266
70m②:224
【Total:490】(12位)

高木(3)
70m①:284
70m②:307
【Total:591】(3位)

田辺(3)
70m①:285
70m②:282
【Total:567】(7位)

中村(3)
70m①:321
70m②:329
【Total:650】(1位)

横塚(3)
70m①:255
70m②:281
【Total:536】(9位)

浦田(2)
70m①:307
70m②:315
【Total:622】(2位)

杉田(2)
70m①:283
70m②:283
【Total:566】(8位)

中野(2)
70m①:281
70m②:288
【Total:569】(6位)

服部(2)
50m:189
30m:277
【Total:466】(14位)

井上(1)
70m①:223
70m②:265
【Total:488】(13位)

柿沼(1)
70m①:225
70m②:219
【Total:444】(15位)

高見(1)
70m①:256
70m②:278
【Total:534】(10位)

田中(1)
30m①:299(G.R.)
30m②:290
【Total:589(N.R.)】(4位)

廣木(1)
70m①:284
70m②:286
【Total:570】(5位)

細井(1)
50m:209(G.R.)
30m:296
【Total:505(G.R.)】(11位)



5日間の所沢集中練習の集大成として、納射会及び男女紅白戦が行われました。
4日間の疲れが溜まっている中での納射会となり、中々思うような点数が出ない部員が多い中で、未経験の新人が自己新記録を記録するなど盛り上がりを見せました。

紅白戦は、納射会の結果から男女それぞれ上位4人の合計得点をもって勝敗を決する形となり、女子が勝利を収めました。
また、納射会後には代表3人同士によるオリンピックラウンド形式の団体戦も行われ、こちらは男子がリベンジを果たし勝利するという結果に終わりました。



ここで、男女両主将からのコメントを掲載いたします。
《選手コメント》
田邉(3)
今回はリーグ戦の延期もあり集中練習期間では王座を見据えた70mに集中する方針を立てました。またコンセプトとして男女別に練習、チーム作りを優先に進めていき、最終日では対抗意識を白熱させるために男女別による対決を予定しました。
男子はオリンピックラウンドにて勝利を収めましたが、チーム全体としてみると点数面など多数課題の残る結果となりました。
この期間に個人で目標を常に持つことを意識付けさせたので、この結果を経て残りの春期練習がより質の高い練習になると思っています。ここから弾みをつけてリーグ戦勝利、そして王座制覇出来るよう準備を進めて参ります。今後ともご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。

中村(3)
今年は残念ながら春合宿を開催することができず、代わりとして5日間の集中練習に取り組みました。団体戦やミニゲームを行う中で、チームとしての絆を深めた5日間になったと思います。最終日の納射会では個人として安定した成績を納めることができたものの、チームとしては目標点数に届かず、団体戦でも敗北となり課題も見えた試合でした。
春練も折り返しを迎え、残すところあと1ヶ月間となりました。その中で今回得た課題に向き合い、私たちの強みを磨いてまいります。部員一丸となって精進してまいりますので、今後とも変わらぬご声援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。



男女でライバル意識を持ちながら、70mを射ちこんだ集中練習の成果は、これから訪れる春に必ず花開くと信じています。
来るリーグ戦・王座に向けて、この5日間で得た収穫や課題を活かし、更なる熱量を持って練習に励んで参ります。
今後ともご声援のほど、よろしくお願いいたします。

中野勇斗
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR