fc2ブログ

2023年度春季練習始動

2/3より、春季練習を開始いたしました。

初日は対面でのミーティングを行い、春季練習の目標、練習メニュー、身体のケアの方法について共有しました。
また男女別ミーティングを行い、春季練習の全体・個人目標について話し合いました。


午後は体育館にて、近射練習を行いました。
体育館での練習は初の試みですが、気候にかかわらず快適に射つことができるため、集中して練習に取り組むことができました。
体育館練習の期間を通じて、春のリーグ戦・王座で戦うことのできる体力を養っていきたいと思います。


リーグ戦まであと約2か月となりました。
春季練習を有効に使い、部員それぞれがリーグ戦で活躍することができるよう、そして第63代スローガンに掲げた「Repaint」を達成することができるよう、全員でレベルアップを図ってまいります。

今後とも変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

廣瀬心咲

園田稚「UNIVAS AWARDS 2023-24」受賞

女子主将の園田(3)が「UNIVAS AWARDS 2023-24」Woman of the Year / ウーマン・オブ・ザ・イヤー部門にて、優秀賞を獲得いたしました。

Woman of the Year / ウーマン・オブ・ザ・イヤーは文武両道を実践し、他の模範となる運動部学生を表彰する賞となっております。
ユニバーシアード等での活躍や学業成績、地域への貢献活動が評価され、今回の受賞に至りました。

3/11に行われる表彰式で、優秀賞の中から最優秀賞が発表される予定となっており、園田(3)も最優秀賞候補となっています。

当日は表彰式のオンライン配信も行われる予定ですので、詳細が発表されましたら改めてお知らせいたします。

《詳細URL》
https://univas.jp/find/univas-awards/article/20240201889644/

廣瀬心咲

年末のご挨拶

今年も残すところあと僅かとなりました。
2023年を終え新年を迎えるにあたり、男子主将、女子主将よりご挨拶申し上げます。

[男子主将]山下健友


早稲田大学アーチェリー部を応援してくださっている皆様、今年もご支援ご声援のほどありがとうございました。
63代より、コロナ禍で中断されていたオールワセダや早慶戦でのレセプションが再開されました。OBOG様方から直接お言葉をいただくことができ、多くの方々の声援あっての早稲田大学アーチェリー部なのだと実感することができました。
63代の活動も折り返しを迎えました。残り半年も悲願の王座制覇を果たし、部の歴史を塗り替えることができるようより一層精進してまいりますので、2024年も変わらぬご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

[女子主将]園田稚


早稲田大学アーチェリー部を応援してくださる皆様、本年も大変お世話になりました。
今年度から有声での応援が全面的に可能になり、紺碧の空や応援歌で試合を盛り上げ、戦うことができました。私たちが掲げている王座制覇という目標は4位という結果で終わってしまいましたが、王座メンバーや応援してくれる部員の姿を見てチームとしての成長を感じることができました。また、オール早稲田、早慶戦では4年ぶりにレセプションを行うことができました。OBOGの方々と直接会って話せる機会が増え、大変貴重な時間となりました。
今年の活動を無事に終えることができ、部員一同感謝の気持ちでいっぱいです。来年はさらに気を引き締め、王座制覇できるよう精進して参ります。
この一年間ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

【2023年を振り返って】(一部の掲載になります)
〈1月〉
射初会


〈2月〉
全日本室内


インカレインドア


春合宿


〈3月〉
歓送会


〈4月〉
リーグ戦


〈5月〉
全日本フィールド


東日本大会


新人パレード


〈6月〉
王座決定戦


〈7月〉
FISUユニバーシアード


〈8月〉
夏合宿


〈9月〉
インカレフィールド


インカレターゲット


〈10月〉
六大学戦


全日本ターゲット


〈11月〉
ナショナルチーム選考会


オール早稲田


早慶定期戦


〈12月〉
早慶明新人戦



今年も1年間、早稲田大学アーチェリー部の活動にを応援していただき、ありがとうございました。
第63代スローガンに掲げた「Repaint」の通り部の歴史を塗り替える結果を残すことができるよう、2024年も精進して参ります。

皆さま、今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。

廣瀬心咲

2023年度総長招待早慶戦優勝部表彰式・祝賀会

12/24に田中愛治総長のご招待で早慶戦優勝部の表彰式が行われました。
遠藤監督と、11/26に行われた早慶定期戦で勝利を収めたアーチェリー部女子チームから廣木、笹原、髙橋が参加しました。

表彰式では、田中総長より賞状が授与され、激励のお言葉をいただきました。 

今年の早慶定期戦では、感染症の影響で2019年度以降行われていなかったレセプションが復活いたしました。レセプションの場で大学、年次を超えて交流を行うことができたことは部員にとって大きな励みになりました。
レセプションは現役部員にとっては初めての経験でしたが、多くの方のご支援のおかげで無事開催することができました。
改めて感謝申し上げます。

63代の活動も折り返しを迎え、王座決定戦まであと約半年となりました。
今回の受賞を糧に、来年こそ男女共に王座の舞台に立ち、悲願の王座制覇を成し遂げられるよう、部一丸となって日々練習に励んでまいります。
今後とも変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。



最後になりますが、お越しくださった遠藤監督、ありがとうございました。

廣瀬心咲

アーチェリー部体験ツアー

10/8に早稲田大学所沢キャンパスにおいて、アーチェリー部体験ツアーが開催されました。

今回の体験ツアーは競技スポーツセンターと競技スポーツセンター学生プロジェクト「VIVASEDA」の企画のもと行われました。早稲田大学の学生を対象としており、当日は15名の方に参加していただきました。

参加者の方には、部員の指導のもと近距離から弓を射ってもらいました。

また、アーチェリー競技や早稲田大学アーチェリー部の歴史についての説明、70mのセット戦の観戦を行いました。
アーチェリーについて深く知ってもらうことのできる一日となったと思います。



この企画を通して、部員自身もアーチェリーの面白さを実感することができました。
今後、早慶定期戦や全日本ターゲット等の大きな試合が控えております。アーチェリーを楽しむという気持ちを大事にして、練習に励んで参ります。

最後になりますが、企画していただいた競技スポーツセンターの皆様、VIVASEDAの皆様、ありがとうございました。

廣瀬心咲
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR