fc2ブログ

2023年度日本体育大学練習試合

3月30日に早稲田大学レンジにて、2023年度日本体育大学練習試合が行われましたので、結果をご報告いたします。


3/30
(2023年度日本体育大学練習試合) 
対:日本体育大学
於:早稲田大学レンジ
天候:晴
出場者数:16名

〈男子〉
上位6名計
早稲田大学 ●3369-3740○ 日本体育大学

山下(4)
70m①:274
70m②:280
【Total:554】 (4位)

安達(3)
70m①:263
70m②:246
【Total:509】 (6位)

山﨑(2)
70m①:261
70m②:257
【Total:518】 (5位)

森田(2)
70m①:221
70m②:249
【Total:470(自己試合新)】 (8位)

野田(1)
70m①:306
70m②:297
【Total:603】 (2位)

丸尾(3)
70m①:308
70m②:311
【Total:619】 (1位)

野口(2)
70m①:241
70m②:261
【Total:502】 (7位)

梅澤(2)
70m①:289
70m②:277
【Total:566】 (3位)


〈女子〉
上位4名計
早稲田大学 ●2352-2484○ 日本体育大学

笹原(4)
70m①:274
70m②:294(自己試合新)
【Total:568(自己試合新)】 (3位)

三村(2)
70m①:285(自己新)
70m②:216
【Total:501(自己新)】 (6位)

西村(3)
70m①:261
70m②:219
【Total:480】 (7位)

廣瀬(4)
70m①:242
70m②:267
【Total:509】 (5位)

塚本(4)
70m①:303
70m②:311
【Total:614】 (2位)

小出(3)
70m①:226
70m②:237
【Total:463】 (8位)

髙橋(2)
70m①:269
70m②:279
【Total:548】 (4位)

渋谷(3)
70m①:313
70m②:309
【Total:622】 (1位)

〈70m オリンピックラウンド〉
男子 
早稲田大学 ●1-5○ 日本体育大学 

女子 
早稲田大学 ●3-5○ 日本体育大学

今回の日本体育大学練習試合は、暖かくよく晴れた、春らしい気候の中で行われました。
結果といたしましては、エイト戦では男女ともに敗北しました。続くオリンピックラウンドにおいても、男女ともに敗北しました。
悔しい結果に終わりましたが、積極的にコミュニケーションを取り合い、終始早稲田らしい雰囲気で射つことができました。また、日本体育大学さんの射つ姿や応援から、一同良い刺激を受けました。今回の経験をリーグ戦、そして王座に活かしていきたいです。
以下、選手コメントを掲載いたします。

笹原(4)



リーグ戦前最後の練習試合。暖かく射ちやすい気温の中、春練の成果を出し切れるよう、強い気持ちで臨みました。女子チームは、「いつも通りを貫き通す」という行動目標を持ち、これまでの練習試合と同様に、早稲田らしい雰囲気で行射することができたと思います。結果としては、目標点数には少し及びませんでしたが、前回の練習試合よりも点数を伸ばすことができ、リーグ戦に向けてそれぞれ収穫のある良い試合になりました。
個人としましては、自己試合新を出すことができ、嬉しく思います。最後まで迷わずに自分を信じて射ち切れたことがこの結果に繋がったのではないかと思います。次はより良い結果が残せるよう、今回で得た気づきを踏まえて、やるべきことや必要なことに取り組んで参ります。
チームとして、技術面・行動面ともに、さらに成長できると私は思います。部員全員が、自分の点数で、声かけでチームの空気を変えてみせる、という強い気持ちを持ってリーグ戦に臨めるよう、1日1日を大切に練習に励んで参ります。引き続きご声援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

森田(2)


今回の日本体育大学練習試合は自身としては3回目のエイト戦であり、前回の学習院大学練習試合、また前々回の中央大学練習試合と比べて、回を重ねるにつれて点数を向上させることができました。
しかし、個人としては自己新には遠く及ばない点数であり、試合での緊張感への不慣れさが影響してしまいました。さらに経験を積むと共に練習を重ね、チームに貢献できるように励んでまいります。

また、リーグ戦まで残りわずかな中でチーム全体としても今回の結果を糧に精進して参りますので、変わらぬご声援の程よろしくお願いいたします。


今回の日本体育大学練習試合で、春練期間の練習試合は最後になりました。
これまでの練習試合で得た気づきを、リーグ戦に活かせるよう精進して参ります。
また、最終目標である王座制覇に向けて一同突き進んで参りますので、今後ともご声援のほどよろしくお願いします。

最後になりますが、お越しくださった井上さん、ありがとうございました。

小出采依

2023年度卒業式

3/25,26に2023年度卒業式が行われましたので、その様子を報告させていただきます。

あいにくの天気でしたが、4年間部活動の発展に貢献したアーチェリー部第62代の部員も無事卒業することができました。

卒業式では、スカラーアスリート賞を前女子主将の髙見愛佳が受賞しました。
スカラーアスリート賞は、スポーツ科学部の卒業生のうち学業成績・スポーツ業績共に優秀である学生に授与される賞です。


第62代の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

第62代の皆さんは2020年春に入学されました。
新型コロナウイルス感染症拡大により全体練習、試合が中止になるなど部活動が制限される日々が続き、苦しい日々を過ごされたことと思います。
第62代の皆さんはそのような状況下でも真摯にアーチェリー競技に向き合われ、2020年に行われた早慶明新人戦では部門表彰や自己試合新などの大きな結果を残されました。

そして、第62代の皆さんが幹部代になられた2023年には徐々に行動制限が解除されていきました。
第62代の皆さんはご自身もほとんど経験したことがない試合時の有声応援や合宿を幹部代としてまとめることとなりました。
手探りでの準備となり大変な苦労をされたことと思いますが、後輩にはそのような様子を悟らせない周到な準備をなされ、私たちは練習や試合に安心して打ち込むことができました。
第62代の皆さんの姿はまさに、スローガン『Move on to the Next Level』を体現するものであったと思います。

第63代では、第62代の皆さんが導いてくださった『Next Level』にさらに自分達の色を塗り足していく『Repaint』を目指して参りました。
春には第63代の集大成となるリーグ戦・王座決定戦が控えております。
これらの試合で良い結果を残して、第62代の皆さんにとって自慢できる後輩になれるよう努めて参ります。



最後になりますが、第62代の皆さんチームを引っ張って下さり本当にありがとうございました。
皆様の益々のご活躍を祈念しております。

廣瀬心咲

2023年度学習院大学練習試合

3月23日に早稲田大学レンジにて学習院大学練習試合が行われましたので、その結果をご報告させていただきます。

3/23
(2023年度学習院大学練習試合) 
対:学習院大学
於:早稲田大学レンジ
天候:曇
出場者数:8名

〈男子〉
上位6名計
早稲田大学 ○3382-● 学習院大学
山下(4)
70m①:273
70m②:288
【Total:561】 (4位)

安達(3)
70m①:291
70m②:273
【Total:564】 (3位)

野口(2)
70m①:252
70m②:253(自己新)
【Total:504(自己新)】 (7位)

森田(2)
70m①:211
70m②:235(自己試合新)
【Total:446(自己試合新)】 (8位)

長田(2)
70m①:253
70m②:259(自己新)
【Total:512(自己新)】 (6位)

丸尾(3)
70m①:300
70m②:317
【Total:617】 (1位)

山﨑(2)
70m①:274
70m②:276
【Total:550(自己試合新)】 (5位)

梅澤(2)
70m①:288
70m②:290
【Total:578】 (2位)

〈70m オリンピックラウンド〉
男子 
早稲田大学 ○6-2● 学習院大学 

今回の学習院大学練習試合は、風もほとんど吹いておらず比較的射ちやすい環境での試合となりました。
男子のみの試合で人数が少ない中でも、先日行われた中央大学戦以上に声かけを徹底して、同的の選手ごとで定めた行動目標を実行しました。
結果といたしましては、エイト戦、オリンピックラウンドともに勝利を収めることができました。
エイト戦では自己新、自己試合新を更新した選手が多数おり、とても充実した行射となりました。オリンピックラウンドでは、人数が少ない中でも雰囲気を盛り上げることができましたので、最初2ポイント先行されたものの、その後しっかり6ポイントを確保し勝利することができました。

以下、選手コメントを掲載いたします。
安達(3)

今回の学習院大学練習試合は、各々が挑戦することとチーム内での声かけの意識を強くもって臨みました。結果といたしましては、事前に決めた目標点数を達成し、勝利することができました。自己新、自己試合新を出した選手も多く、エイトの中での中間層、ボトム層の点数が上がったことが今回の結果に繋がったと思います。
個人といたしましては、以前から意識して練習してきたことが上手く実践でき、実りのある試合となりました。点数を意識して思い切って射てないことや大きなミスなど、反省点も多い試合となったので、この結果に満足せず、さらにチームの力となれるよう、励んでいきたいと思います。
また、初めて選手としてオリンピックラウンドを経験し、プレッシャーのかかる中で射つことの難しさを改めて実感するとともに、応援の中で射つことの楽しさも経験することができました。
リーグ戦まで残り僅かですが、チームとしても、個人としても、今回の結果を自信にし、より成長できるよう、練習に励んでまいります。今後ともご声援のほど、よろしくお願いいたします。

野口(2)

今回の学習院大学戦では、前回の中央大学戦からエイトの点数が大幅に上がり、成長を感じることのできる試合となりました。
個人といたしましては、試射から感覚を掴めたこともあり、自己新をとることができました。72射で500点を初めて超えることができ、着実に点数が伸びていることを実感した試合となりました。さらに練習をかさね、550点、さらには600点を射つことのできる選手になれるよう精進して参ります。
さて、リーグ戦まで1ヶ月となりました。男子チームとしましては、去年掴むことのできなかった王座進出をはたせるよう、これからの練習に励んでまいります。今後ともご声援のほど、よろしくお願いします。

今回の学習院戦では前回の中央大学戦から上位6人計で200点、エイトでは300点近く点数を上げることができました。これはリーグ戦を間近に控える私たちにとって非常に自信になる結果となりました。来週には日本体育大学戦を控えております。そこで今回の反省を踏まえしっかりと納得のいく行射ができるよう練習に励み、4月中旬に行われるリーグ戦で王座出場権を獲得できるよう精進してまいりたいと思いますので、ご応援のほどよろしくお願いいたします。

最後になりますが、お越しいただいた遠藤監督、井上さん、下村さん、ありがとうございました。

梅澤徹太

2023年度中央大学練習試合

3月20日に早稲田大学レンジにて、2023年度中央大学練習試合が行われましたので、結果をご報告させていただきます。

3/20
(2023年度中央大学練習試合) 
対:中央大学
於:早稲田大学レンジ
天候:晴
出場者数:16名

〈男子〉
上位6名計
早稲田大学 ●3199-○中央大学

山下(4)
70m①:279
70m②:291
【Total:570】 (3位)

山﨑(2)
70m①:229
70m②:244
【Total:473】 (5位)

長田(2)
70m①:221
70m②:220
【Total:441】 (7位)

森田(2)
70m①:192
70m②:193
【Total:385】 (8位)

野口(2)
70m①:221
70m②:225
【Total:446】 (6位)

安達(3)
70m①:252
70m②:273
【Total:525】 (4位)

丸尾(3)
70m①:315
70m②:293
【Total:608】 (1位)

梅澤(2)
70m①:297
70m②:280
【Total:577】 (2位)

〈女子〉
上位4名計
早稲田大学 ○2278-● 中央大学

小出(3)
70m①:207
70m②:212
【Total:419】 (7位)

笹原(4)
70m①:249
70m②:250
【Total:499】 (5位)

西村(3)
70m①:205
70m②:204
【Total:409】 (8位)

廣瀬(4)
70m①:246
70m②:275
【Total:521】 (4位)

塚本(4)
70m①:296
70m②:294
【Total:590】 (2位)

三村(2)
70m①:260(自己新)
70m②:237
【Total:497(自己新)】 (6位)

髙橋(2)
70m①:274
70m②:271
【Total:545】 (3位)

渋谷(3)
70m①:310
70m②:312
【Total:622】 (1位)

〈70m オリンピックラウンド〉
男子 
早稲田大学 ●5-6○ 中央大学 

女子 
早稲田大学 ○6-0● 中央大学


今回の中央大学練習試合は最初は晴れていたものの、オリンピックラウンドでは雨が降りながらの行射となりました。

結果といたしましては、エイト戦では男子は敗北、女子は勝利しました。
前半は風もなく、選手同士の声掛けもあり、雰囲気良く行射することができました。
しかし、後半になると天候が悪化し風も吹いてきたことによって、点数が伸び悩む選手が多数見受けられました。

続くオリンピックラウンドでは、男子は惜しくも敗北、女子は勝利しました。途中強い雨が降り、非常に行射しづらい環境ではありましたが、選手1人1人が集中して射つことができました。

以下、選手コメントを掲載いたします。

三村(2)

今回の中央大学練習試合は、途中雨が降るなどした天候の安定しない厳しい環境の中で行われました。個人といたしましては、70mの初めての試合ということで、緊張せずに大きく射つことを意識して試合に臨みました。点数の面では、前半は自己新記録を出すことが出来ました。しかし、後半で天候が悪化してくると、その状況に動揺して射形が大きく乱れてしまうことがあり、今後の課題として残りました。
また、女子全体といたしましては、アイコンタクトと声掛けを試合全体を通して意識して行うことが出来ていたと思います。
リーグ戦や王座といった大きな大で結果を残せるよう、チーム一丸となって今後も日々練習に励んでまいります。今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

丸尾(3)

今回の中央戦は、リーグ戦に向けて各々が何かに挑戦する機会として試合に臨みました。男子チームといたしましては、大差をつけられての敗北となり、またチームの目標点も達成することができず、悔しい結果となりました。
個人といたしましても、試合後半から悪化した天候に対処することができず、点数を大きく落とすこととなってしまいました。
しかし、各々が何かに挑戦したことによって、良かったことや改善するべきことの多くが見つかった実りある試合であったと思います。
リーグ戦もあと一ヶ月後に迫ってきています。王座制覇に向けて、まずはこのリーグ戦を突破できるようこれからの練習に励んでまいります。今後ともご声援のほど、よろしくお願いします。

今回の練習試合で得た反省を今後の試合に活かして参ります。
今後も変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

最後になりますが、今回の中央大学練習試合お越しくださった遠藤監督、柿沼さん、井上さん、下村さん、ありがとうございました。

山﨑聖史



2023年度体育表彰式

3/18にリーガロイヤルホテル東京にて、2023年度体育表彰式が行われましたので、その様子を報告させていただきます。



体育表彰式では、2023年度に輝かしい成績を残した体育学部の選手及び監督への表彰が贈られました。

まず始めに、個人名誉賞の表彰が行われました。
個人名誉賞とは、個人として国際または全国大会において世界または日本新記録の樹立や選手権の獲得、または優勝したものに対して贈られる賞 です。
アーチェリー部からはFISU ワールドユニバーシティゲームズ (2021/成都)で混合リカーブ団体で金メダルを獲得した園田稚に個人名誉賞が贈られました。

また、個人名誉賞、体育名誉賞、奨励賞の対象となった体育各部の監督に監督賞が贈られ、遠藤宏之監督が表彰されました。

また、同式典では早稲田アスリートプログラムの表彰も行われました。
最も高い通算GPAを獲得した部員に最優秀学業成績個人賞が、上位10%の部員に優秀学業成績個人賞が贈られ、早稲田大学からは以下の2名が表彰されました。

最優秀学業成績個人賞 廣瀬心咲
優秀学業成績個人賞 髙見愛佳

いずれも名誉ある賞であり、アーチェリー部の監督・部員がこのような表彰を受けたことを大変嬉しく思います。

今回の体育表彰式では田中愛治総長や藤田誠スポーツ振興理事、石井昌幸競技スポーツセンター所長、河野洋平稲門体育会会長からお言葉をいただき、改めて私たちの活動がたくさんの支えのもとで成り立っていることを実感いたしました。

今回の受賞を励みに、来るリーグ戦に向けてより一層精進してまいります。

今後とも変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

最後になりますが、遠藤監督、早田部長、速開さん、体育表彰式にお越しくださり誠にありがとうございました。

廣瀬心咲
プロフィール

早稲田大学アーチェリー部

Author:早稲田大学アーチェリー部
早稲田大学アーチェリー部の
公式ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR